すぐ使える!整骨院の何でも雑学

2013年4月22日 月曜日

冷シップと温シップの違いとは?

どちらも効能は同じですよhappy01
どちらも「消炎・鎮痛」の効果で、温シップには唐辛子の成分が入ってるので、それが温かい感じがするだけで、温めてるわけではないんです。
で、そのシップですが、使い方次第で症状を悪化させてしまう場合もあるんですsweat01
例えば、転んで足を捻って、足首が熱を帯びて腫れてしまったとします。
そうなった場合は、シップを貼って歩かないよう安静を保つことを皆さんやると思います。が・・・
それが大きな間違いなんですよsign03
シップって「スースー」するから一見冷たいように感じますが、それは感じてるだけで冷たくはないんです。そこに熱を帯びてる足首にシップで蓋をしてしまったら、余計に熱がこもってしまい、腫れが酷くなりますcoldsweats02
なので、対処方法は、シップを貼るよりも、保冷材などを使って
とにかく冷やすsign01ですhappy01
シップもなるべく冷凍庫などで保管をしておいた方が良いですよnote


このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 千川オリーブ整骨院