院長のブログ

2014年5月27日 火曜日

柔道整復師は原点回帰を考える時期にきているのでは?

皆様、お久しぶりです。
千川オリーブ整骨院院長内田です。
ここ近年の柔道整復師の傾向として、骨折脱臼に対する施術が出来ない先生方が多くなってきているのではないでしょうか?
確かに研修先で骨折や脱臼の新鮮外傷に遭遇する機会は減りましたが、
最近の学生さんは、研修をせずにコンビニ等でバイトをし、免許取得後から研修をする傾向にあるそうです。
なので知識はあるが、現場では何も出来ない所謂ペーパー柔整師です。
就職先も多岐で、独立開業・整骨接骨院勤務・整形外科等の病院勤務・
スポーツジムやトレーナー会社勤務・介護福祉会社勤務
などがあると思いますが、我々の「業」とは何かを今一度考える時期にきていると思う今日この頃です。


このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 千川オリーブ整骨院